脱毛を始める前に知っておきたいこと!

脱毛

脱毛を始める方に読んでほしい
全く不要なムダ毛が気になり始めた方にぜひ読んで知っておいてほしい情報をまとめました。

脱毛の方法を知る

女性ならばワキやVIO、メンズならヒゲ脱毛や腕毛という形で、ふと気づいた時に「毛が必要ない」「脱毛したい」と考え出すという方がいます。自分で抜く方法から、街の脱毛サロン、またはクリニックでの脱毛など色々とあります。まずは脱毛の方法から理解しましょう。ここではまず大きく3種類に分けて解説いたします。

セルフ脱毛

脱毛の一つのセルフ脱毛まずは、誰もが考えるのがセルフ脱毛で、自分で毛抜きなどで抜く方法がメジャーです。お金も時間もかからないということで、脱毛を考え始めた人がまずやる方法です。しかし、結論から言うと、これは絶対にNGです。理由を細かく3つに分けて解説いたします。

毛が余計に濃くなる

一つ目の理由として、なぜ自分で抜くのがNGかと言うと、毛が余計太くなるからです。この記事を読む前に既にやってみたという方も多いと思うのですが、自分で抜くと、毛がどんどん太く強くなっていき、青くなりなやすく終わりのないサイクルにハマってしまうのです。また、周りに毛穴も増えやすくなるため、毛抜きや処理の時間が長くなり、まだシェービングしていた頃のほうがマシだったという答えに至るほど、基本的にはどんどん濃くなっていくので要注意です。

肌に悪い

これはやる前からわかるかと思いますが、『毛抜き』の理論としては皮膚の奥の毛穴から引っこ抜いているので、非常に肌にダメージがあるというのは言うまでもありません。ただ抜き続きていくだけで、心なしかその部分の肌の色が汚れのように黒くなってきたなんて体験談もあるぐらいです。細かい理由を言いますと、毛を抜いた時にその毛を覆っていた皮膚が擦れてしまううえに、時にはその皮膚ごとはがしているというが実際のところです。なので、危険ということに間違いはありません。

病気になりやすい

これも単純な話しですが、毛を抜くと、普段空気に触れていないような弱い中の肉がむき出しになると言っても過言ではありません。そこからバイキンが入って皮膚の炎症を起こしたりするという実例がほとんどです。また、このセルフの毛抜きがいけないということを知らないひとなんかは、「毛抜きの後に皮膚のためと言って、化粧水やクリームを塗っているから平気」と言うのですが、これはさらに危険で、毛穴から薬品がもろに入っていくので、毛どころか肌自体が硬化したりとよくないことばかりです。

以上の3つの理由から、絶対に自分で毛を抜くという行為は行わないほうがいいと断言いたします。

ホーム脱毛(ブラジリアンワックス)

脱毛の一つのブラジリアンワックス同じく家での脱毛を指しますが、こちらのホーム脱毛と言われるのは、専用の薬品を使ったもののことを指します。これも既にご存知の方はいるかと思いますが、一時期大ブームを巻き起こしたブラジリアンワックスと言うものなんかがメジャーで専用のワックスで一気に抜くことができるというものになります。最近は『鼻ズボ』という鼻毛専用のワックスなどで、かなりライトに薬局でも買えるようなワックスが増えてきていますが、メリットとデメリットはあります。ここでは使用方法からメリットデメリットまでを簡単に解説いたします。

使用方法

ブラジリアンワックスの専用のクリームを、脱毛したいところに塗って不織布という布をかぶせて固めます。固まったところで一気に引きはがすという荒行です。

メリット

とってもカンタン便利ということで、自宅などの好きな場所で、好きな時に脱毛することができます。このあと説明するお店の脱毛よりも圧倒的にお金もかからないということで、2016年の今でも使ってる方は多くいます。ブラジリアンワックスの専門のサロンなんかもあるぐらいなので、公式な脱毛の一つと言っても過言ではありません。

デメリット

想像すればわかると思いますが、デメリットは圧倒的に痛いというのがデメリットです。脱毛という行為自体が、痛みを伴うものなのでしょうがないと言えばしょうがないのですが、色んな脱毛方法の中でもトップクラスで痛いというのが少し嫌煙される理由です。また、これも予想が付くかと思いますが、極力肌に良い成分を使っているという製品がほとんどですが、ダメージという部分はカバーしきれないので、こちらも肌に影響を受けやすいというのがもう一つの理由です。

ホーム脱毛の総評

以上の3つの内容から、ホーム脱毛はおすすめでもおすすめでもない中間地点の方法と言えますので、シチュエーションに合わせて使うのが一番良いでしょう。例えば、痛みには弱いものの、仕事で脱毛の店舗に行けない時であったり、異性からの急なお呼ばれなんかの時には重宝されます。

お店で脱毛

脱毛をお店で行う写真これがこの記事の真打と言っても良い方法になるのですが、タイトルの通り、脱毛の専門店で脱毛を行うということです。体のことを考えて脱毛をするならもちろん、なんだかんだ費用的にも時間的にも将来的に考えれば非常にお得です。かけがえのない時間をシェービングに費やすことを考えれば、色々とお得にも繋がります。
ちなみに、お店の脱毛と言っても、エステサロンなどの美容サロンが行う光脱毛と、医療機関などのクリニックが行うレーザー脱毛の二種類があります。どちらもメリットが多いので、簡単にご紹介いたします。

脱毛サロンの光脱毛

これは先にご紹介したエステサロンなどが行う脱毛です。脱毛サロンでは、光脱毛という専用の機械を照射して脱毛をしていきます。お肌のことを一番に考えたマシーンや、お肌へのクリームなどのこだわりで、非常に美しく脱毛していくことができます。
メリットとしては、エステサロンは非常に低価格ということです。お金がない人でも脱毛ができるということで、街にも多くの広告が溢れているのを見たことがあると思います。また、2000年から増え始めたこうした脱毛サロンはあまりにも人気過ぎて、競合のエステサロンがどんどん増えていきました。その結果、デフレにもほどがあるというぐらいの激安さで脱毛をすることができるようになっています。サロンごとにこだわりやシステムやサービスが全く違うので、よく選らんでクリニックに行くと良いでしょう。
デメリットとしては、お肌のことを考えた脱毛のため、もう一つの脱毛クリニックと比較すると、脱毛の卒業と言われる永久脱毛までの状態が長く、通う期間が長いと言われています。ただ、エステサロンならではの美的なサポートが受けれたりするので、エステサロンの一つとして通うのも悪くないでしょうし、医療機関と提携している所も多いのでサポートも問題ないので、それなりのメリットはあるでしょう。

脱毛クリニックの医療レーザー脱毛

これもタイトルの通りですが、脱毛を行えるお店のもう1種類が、医療機関の脱毛クリニックです。お医者さんが行う脱毛ということで、非常に万全なサポートで安心して脱毛することができます。
メリットとしては、お医者さんでなきゃ認められないような強いレーザーを使ったマシンでの施術となるため、非常に脱毛の卒業に至るまでのスピードが早いということです。強いレーザーと言っても、国に認められるようなものなので、それが肌に悪影響と言ったら違いますので、安心安全な脱毛と考えていただいてケッコウです。
デメリットとしては、医療機関と言えど、保険が適用されるわけではないので、むしろ脱毛サロンより少し料金が割高ということと、脱毛サロンよりも少し痛みが強いということです。ただ、料金に関しては、どこも脱毛サロンのように、簡単に受けれるようにキャンペーンなどが多くなってきて低価格化は確かに始まっていますし、総合的に比べたら多少安いとも言えます。また、痛いというのは毛穴が本当に消滅されていて、効いている証拠でもあるので我慢するしかありませんね。

脱毛をお店でする

さあ、ここまでわかったら、実際にお店に行って脱毛をしましょう。

無料カウンセリングに行く

まずは、自分がどこにあってるかというのを見極めるため、いくつもの脱毛サロンや脱毛クリニックに行くということをオススメいたします。最低限、エステ型のサロンと医療型のクリニックの一つずつは行ってみるのがいいと思います。ほとんどが、このタイトルの通り、初回は無料で相談に乗ってくれるという場所ばかりなので、何よりも行って話してコミュニケーションをとるのが一番です。それぞれの症状にもよりますが、脱毛の平均的な卒業は6か月から2年と言われています。感じが悪い人であったり、営業をガツガツしてくるような人がいない場所で、長く通えるサロンという所を意識して選ぶようにしましょう。

脱毛ができるお店を地域から探す

なるべく、職場の近くか家の近くをおすすめいたします。脱毛は1回で終わるものではなく、何度か通うものなので、すぐに通えるところでないと、スケジュールを合わせるのが難しく、余計に苦労してしまうでしょう。

東京から探す

新宿 渋谷

神奈川から探す

横浜